利用者ログイン

個人のお客様向け 利用者ログイン
【重要】ワンタイムパスワード認証取引の変更について

平成28年11月21日よりワンタイムパスワード認証取引が一部変更されます。
〇主な変更内容
 資金移動時に「確認用パスワード」に替わり「ワンタイムパスワード」の入力が必要となります。
 詳しくはこちらをご参照ください。

振込取引等を装った不審なメールにご注意ください

最近、インターネットバンキング等の振込取引等を装った不審なメールが、不特定多数の方に配信されていることが確認されております。
万が一不審なメール等を受信した場合は、開封せずに削除してください。
詳しくは
こちらをご覧ください。

不正な入力画面を表示させ、確認用パスワードを盗み取ろうとするコンピューターウィルスにご注意ください

平成26年10月21日、当金庫と同様のIBシステムを利用している他信用金庫のお客様において、コンピューターウィルスが原因でログイン後に取引画面(メイン画面)が表示されず、「あなたのコンピューターをシステムが認識できませんでした」と確認用パスワードを4個入力させようとする不正な画面が表示される事象が報告されました。このような画面が表示された場合は絶対にパスワードを入力しないでください。
万が一、確認用パスワードを入力した場合は、すぐにIBメニューの契約者情報変更からIB取引中止を行い、当金庫までご連絡ください。

SSL3.0の脆弱性について

独立行政法人情報処理推進機構等からインターネットの通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱性があり、「SSL3.0」を使用している場合、通信の一部が漏えいする可能性があると報じられておりますので、当金庫のインターネットバンキング等のサービスを利用する際は、「TLS1.0」または「TLS1.2」をご利用ください。
詳しくはこちらをご参照ください。

Microsoft Internet Explorerの脆弱性について

注意点について、こちらをご参照ください。

この脆弱性にかかる対応について Microsoft 社からセキュリティ更新プログラムが提供されました。適用の方法を公開しておりますのでこちらをご参照ください。

脆弱性の見つかったOpenSSL(ネット暗号化ソフト)について

現在、各メディアで報道されております「OpenSSLの脆弱性」につきまして、かしん個人インターネットバンキングでは脆弱性の見つかったバージョンのOpenSSLは利用しておりません。

マイクロソフト社製のOS「Windows XP」のサポート終了に伴う推奨環境の変更について

「Windows XP」のマイクロソフト社のサポート終了に伴い、「かしん個人インターネットバンキング」の推奨環境を変更いたします。なお、詳細は、こちらをご確認ください。

不正にポップアップ画面を表示させてインターネットバンキングの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください

インターネットバンキングにログインした後に、暗証番号などお客様の情報を入力させようとするポップアップ画面が表示されるという事例が、国内の銀行で発生しているとの情報がございました。 当信用金庫では、ログイン後にポップアップ画面を表示しお客様の情報を入力することはございませんのでご留意ください。
また、当金庫において、上記事例は発生しておりませんが、お客様のパソコンがウィルスに感染するなどによって、類似の事象が発生する可能性もございますので、十分ご注意ください。
万が一このような事象が発生した場合は、ログインパスワード等のお客様の情報を入力せずに、当信用金庫までご連絡ください。
また、ウィルスに感染することを防止するためにも、お使いのパソコンのセキュリティ対策ソフトを最新の状態に更新するようお願いいたします。

ログオン(利用登録がお済の方)

インターネットバンキングサービスの利用登録がお済の方は、こちらよりインターネットバンキングを開始して下さい。


ページトップに戻る